矢吹町にあるレアなおもちゃ屋さん「トイショップ ウエダ」です!

数年前、取引先の方に仕事の後で打ち合わせ後に連れて行ってもらいました。
場所は福島県矢吹町、白河と須賀川の間にある町です。

o0494041413850605002.jpg

その商店街にある、とってもレア物を扱っているマニア向けのおもちゃ屋さん、
それが「トイショップ ウエダ」です!

o0450033813850607644.jpg

写真は借り物ですが(カメラを忘れたので)、見ていただけるとわかるように
店頭からマニアックな雰囲気が満載です。

o0400030013850608100.jpg

サイクロン号のミニ版なんかもあります(笑)

o2272170413850609153.jpg

欲しい物は沢山ありましたが、
持ち金があまり無いので、プラモデルを数点買いました。
続きを読む »
スポンサーサイト
 | ホーム | 

福島の美しい山「吾妻小富士」を登ってみましょう!

福島県福島市にある標高1,707mの山で、吾妻連峰のひとつです。

吾妻小富士は、磐梯吾妻スカイラインの中間地点にあり、擂鉢状の大きな火口が目立ちます。

69ec588c.jpg

溶岩砂が覆う噴火口跡で火口壁まで登れ、1時間もあれば火口を一周めぐるのも可能な、福島の磐梯吾妻観光のポイントです。


「吾妻小富士(あづまこふじ)」の呼び名って?

「吾妻小富士(あづまこふじ)」は吾妻連峰の一つ、麓の福島市側から見ると、小型の富士山のように見えることから「小富士」だそうです。

DSC0498412.jpg

なお、磐梯吾妻スカイライラインは「日本の道100選」に選ばれている、高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長29km、平均標高1350mの観光道路です。

東日本大震災後に福島活性化のために暫定的に通行料が無料となりましたが、2013年7月25日から恒久的に無料開放されました。

Mount_Azuma-kofuji-1,_May_2007

この写真は一切経山から見た吾妻小富士ですが、真ん中のジグザグが登山道です。山の後ろが福島市です。
続きを読む »
 | ホーム | 

常連のラーメン屋さんで見た手ぬぐいを買いに「会津武家屋敷」に行ってきた!

春日部市のララガーデンの近くにある「会津ラーメン和」さん、前から通わせて貰っている1店なんですが、このお店に飾っている額に興味がわき、オーナーに聞いてみたんです。

original-f.jpg

そうしましたら「会津武家屋敷」で売っているもので、「帰省のときに買って来ましょうか?」とのこと。
気を使っていただいてありがたいけど恐縮し、「毎年、会津には行っているので、次の候補地にしますね」と会釈し店を出ました。

001.jpg

会津ラーメン和ってどういうお店なんですか?

original-a.jpg


スープは合わせだしのさっぱりスープと銘打っており、会津でも喜多方と比べるとまた違った印象です。
自家製の麺は、平打麺と極太麺のどちらかを選べます。私は太麺を固めテイストが好みです。

original-g.jpg

醤油や塩系は、あっさりしたスープ、味噌系は和風ながらズシン!と来るタイプ。特に濃厚味噌は辛いタイプのラーメンで、お勧めは2番目の辛さかな(笑)

original-h.jpg

具は各ラーメンに合わせて組合わせられていて、醤油に入るチャーシューは、くどくないように煮込んでいます。
なお、このチャーシューは年末とか持ち帰りの予約受付ができる人気メニューでもありますよ。

会津ラーメン和
→ツイッター
【住所】埼玉県春日部市中央1-46-9
【電話】048-733-4580
【営業時間】火~金11:00-15:00 17:00-22:00/土・日・祝11:00-22:00
【定休日】月曜
【禁煙/喫煙】完全禁煙
【アクセス】春日部駅から276m(駐車場はララガーデンを利用)
続きを読む »

テーマ:グルメ♪食の記録 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

2008年、震災前の松島~猪苗代・磐梯・会津デビュー(笑)

CA280192.jpg2006年は仙台の「八木山動物園」、2007年は車で群馬へ「トロッコ列車で足尾銅山」だったのですが、なんかパッとする画像が無い(笑)

一気に2008年へワープ!。
最初の写真は松島海岸です。東日本大震災で津波が来て被害を受けたところなのですが、その前に行っていたので写真を載せてみました。
そして、子供たちに見せておきたかった場所、昔西部警察で、三浦友和様がロケしたところでもあります。

ところがあいにくの雨でもそのまま、今はなき「マリンピア松島水族館」に行きました。

CA280226.jpg昔と変わらない雰囲気がまたよいですね。

ここは「くらげ」の飼育にも力を入れていました。
※小学校の遠足などでは定番のところでしたよ。

今日泊まるのは、仙台市近郊で無く「裏磐梯ロイヤルホテル」です(笑)
ここは高速を使い、一気に南下していきましょう。

DSCN2661-1.jpg

雨がひどかったので、今回は有料道路の「磐梯吾妻スカイライン」は止めて(見られないから)郡山で高速を降りて、猪苗代湖半を裏磐梯まで走りました。

裏磐梯ロイヤルホテルでの夕食バイキングは、外が見えないバンケットルームで時間も決められた中での食事、そして内容もイマイチだったので写真などは無し(笑)

娘たちの浴衣の写真はあるけれど、これはダメでしょうと未掲載ですよ。

翌朝は晴れてくれました!

CA280243.jpg飯盛山に行きましたが、階段は登らず、横のエスカーで楽々と行きます(有料)。

一般客は、このまま見て帰ってしまうのですが、丁度ボランティアガイドさんの説明が始まったばかりだったので、団体さんに交じって聞いてみて回ります。

自刃の地なども、ガイドさんならではのためになる話。本当面白いですよ。

ここで聞いてから、各地に行っても必ずボランティアガイドさんの話を聞くようになりました。

家族そろって歴史好きというのもあるんですが(笑)

さて、白虎隊の墓をお参りしましたら、隊士たちが見た鶴ヶ城に移動しましょう。

CA280254.jpg鶴ヶ城です。私が子供のころから見ていたお城がこれだったんですが、私たちが行く数年前に内部がリニューアルして、「ミュージアム」の要素もある施設となりました。

このブログで後から見せますが、現在は瓦が江戸時代のときを再現し赤瓦になっています。

黒瓦は、鶴ヶ城が再建されて、ずっとそのままだったけれど、会津の方々は赤瓦(費用がかかる)にしたかったんです。

「八重の桜」の放映もあり、その前に間に合わせられて良かったですね。

逆に黒瓦の写真は、これから希少になるかも(笑)

CA280269.jpg CA280268.jpg


小腹も空いたので、家族でお昼は、鶴ヶ城内にある茶屋さんで「喜多方ラーメン」にしました。

場内の、簡単な茶屋さんのラーメン。「期待しないよな」って思われた方「ブブー×」。
結構どころか、すごく美味しい。

私は夏期限定の「冷やしラーメン」にしましたが、冷やし中華ではないですよ。アッサリ醤油スープの中には氷がプカプカと浮いてます、麺はシコシコ!美味しくて、翌年も寄ったぐらいです。

家族は、このまま帰路に就きまして、家に着くまで後席で娘二人は「ニコニコ・グッスリ」でしたよ。

次は、2009年の夏休みの予定。またまた北海道に渡りました。長編になると思うのでお楽しみに!







 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。