FC2ブログ

松島にある東北の苔寺「円通院」

8/25~26と、宮城県は松島に行き、宿泊はじゃらんnetで予約した「ホテル壮観」に宿泊し。
翌日に、一度は見ておきたかった歴史あるお寺「円通院」に行ってきました。

IMG_1216-1.jpg

円通院は、伊達政宗公の嫡孫(ちゃくそん)光宗の霊廟として、正保4年に建立され開山されました。

場所的には、松島を正面に見て瑞巌寺の右側に隣接し、その本堂と「奥の院」とも言える「霊廟三慧殿」の趣は格別だと思います。

[山門]
src_28816152.jpg

IMG_1202-1.jpg


豪壮質朴な切妻造茅葺の薬医門で、本堂とともに松島町の文化財に指定されています。
ここで拝観料を納め境内に入っていきましょう。


[七福神庭園]
teienphoto_01_zoom.jpg

IMG_1203-1.jpg

枯山水の様式と、苔で敷き詰められた庭園、松島湾が白砂で周囲の山々は苔。、「天」と「地」には天水橋がかかり「天の庭」と「地の庭」を結ぶ掛け橋です。

CA3E0087.jpg

苔に囲まれた石畳の参道をしばらく進むと、三慧殿(さんけいでん)前の階段に着きます。

[じゃらんnetについて]
我が家は、家族旅行をするのに、宿泊地などもネット検索がメイン。
直接宿に申し込むよりも、じゃらんnetは、特典がいろいろとあるので、使い始めてもう10年くらいになります。

続きを読む »
スポンサーサイト

福島の美しい山「吾妻小富士」を登ってみましょう!

福島県福島市にある標高1,707mの山で、吾妻連峰のひとつです。

吾妻小富士は、磐梯吾妻スカイラインの中間地点にあり、擂鉢状の大きな火口が目立ちます。

69ec588c.jpg

溶岩砂が覆う噴火口跡で火口壁まで登れ、1時間もあれば火口を一周めぐるのも可能な、福島の磐梯吾妻観光のポイントです。


「吾妻小富士(あづまこふじ)」の呼び名って?

「吾妻小富士(あづまこふじ)」は吾妻連峰の一つ、麓の福島市側から見ると、小型の富士山のように見えることから「小富士」だそうです。

DSC0498412.jpg

なお、磐梯吾妻スカイライラインは「日本の道100選」に選ばれている、高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長29km、平均標高1350mの観光道路です。

東日本大震災後に福島活性化のために暫定的に通行料が無料となりましたが、2013年7月25日から恒久的に無料開放されました。

Mount_Azuma-kofuji-1,_May_2007

この写真は一切経山から見た吾妻小富士ですが、真ん中のジグザグが登山道です。山の後ろが福島市です。
続きを読む »

ラーメンを食べに浅草に行き連食!

浅草は、東武伊勢崎線(通称:スカイツリーライン)の始発駅、私にとって上京してから上野と同じようになじみの深い駅なんです。

家族が朝からレイクタウンに行っていたので、「そうだ!浅草でラーメン食べよう!」という単純な思いつき。
最寄駅から浅草まではワンコインで行けちゃいます。

1杯目は煮干しだよな、「つし馬」でバリ煮干しラーメン麺固め!
0e11.jpg


この店は、博多ラーメンを展開する「田中商店」系ながら、青森の煮干を使って造る中華そばが「つし馬」です。都内では秋葉原にはまた違う味の店を出しています。ここの定番の「中華そば」は大小ありますが、お勧めは「ばり煮干そば」。スープの上に煮干しがこってりと乗っていて美味しいですよ。

【住所】東京都台東区浅草1-1-8
【電話】03-5828-3181
【営業時間】11:30~21:30(スープがなくなり次第終了)
【定休日】無休


松屋の上で小休止もありです

私は一気に回っていますが、浅草で新しい見どころが沢山出来ています。
その中の1つがココ。松屋の屋上広場です。

20140511_02.jpg

実は浅草松屋のビルって戦災でも残った歴史的な遺産。でも数年前までその建物の周りは囲いがあり、イマドキ風に加工されていました。その松屋のあるビルが、元のカタチをベースに復元!

ここは東武伊勢崎線の駅ビルでもあるんですよ。ということでエキミセ屋上広場行ってみました。
「がらーん」としていて、のんびり感。そう、昔からビルの屋上で仕事休憩(ズル休みとも言われたかも)ってこんな感じでした。

20131018235113952s.jpg


フェンス越しにはスカイツリーや隅田川なども見れますが、椅子に座ってやっぱり冷茶でのんびり、それが似合うところです。
機会があれば行ってみてくださいね。
続きを読む »

入場は無料!お台場だけど品川区、夏休み後半に船の科学館なんてどうですか?

船の科学館は、開館が1974年と40年以上も経っている老舗のミュージアムです。

0fune5.jpg

港に停泊している船のようですが「船の科学館」の本館で、実際はコンクリート造りです。
運営するのは「日本財団」ですが、前進が「日本船舶振興会」。こちらを知っている方は多少ご年配かもしれません。

財団法人日本船舶振興会の笹川良一元会長です

0fune3.jpg

「戸締り用心火の用心!」というコマーシャルにも出られていた笹川会長の銅像が、船の科学館に展示されています。地方に住んでいたので「東京には凄い科学館があるんだ」と思ったものでした。

船の科学館は、昔は13号埋立地にポツンと立っていたんです!

0fune4.jpg

先日、千葉テレビ再放送の「太陽にほえろ!」を見ていましたら、埋立地の中に船の科学館の建物だけが「デーン」と出てきました。周りは何もなかったですが、いまは科学未来館などもたったり、ユリカモメが通ったりと便利になりました。

1974年(昭和49年)お台場がまだ『東京港13号地』と呼ばれていた頃に開業した海と船をテーマとする博物館。大型客船をモチーフにした本館では、館内展示に加え地上70m展望塔からの眺めも楽しめました。

続きを読む »

常連のラーメン屋さんで見た手ぬぐいを買いに「会津武家屋敷」に行ってきた!

春日部市のララガーデンの近くにある「会津ラーメン和」さん、前から通わせて貰っている1店なんですが、このお店に飾っている額に興味がわき、オーナーに聞いてみたんです。

original-f.jpg

そうしましたら「会津武家屋敷」で売っているもので、「帰省のときに買って来ましょうか?」とのこと。
気を使っていただいてありがたいけど恐縮し、「毎年、会津には行っているので、次の候補地にしますね」と会釈し店を出ました。

001.jpg

会津ラーメン和ってどういうお店なんですか?

original-a.jpg


スープは合わせだしのさっぱりスープと銘打っており、会津でも喜多方と比べるとまた違った印象です。
自家製の麺は、平打麺と極太麺のどちらかを選べます。私は太麺を固めテイストが好みです。

original-g.jpg

醤油や塩系は、あっさりしたスープ、味噌系は和風ながらズシン!と来るタイプ。特に濃厚味噌は辛いタイプのラーメンで、お勧めは2番目の辛さかな(笑)

original-h.jpg

具は各ラーメンに合わせて組合わせられていて、醤油に入るチャーシューは、くどくないように煮込んでいます。
なお、このチャーシューは年末とか持ち帰りの予約受付ができる人気メニューでもありますよ。

会津ラーメン和
→ツイッター
【住所】埼玉県春日部市中央1-46-9
【電話】048-733-4580
【営業時間】火~金11:00-15:00 17:00-22:00/土・日・祝11:00-22:00
【定休日】月曜
【禁煙/喫煙】完全禁煙
【アクセス】春日部駅から276m(駐車場はララガーデンを利用)
続きを読む »

テーマ:グルメ♪食の記録 - ジャンル:旅行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。