2011~2016-東日本大震災後の復興、でもまだ爪跡はいたるところに残っています!①

スポンサーリンク

年間でラーメンを300食以上は食べているnihoniumです。

IMG_0001111.jpg

この画像は、2011.3.11の地震のあった年の8月に家族で仙台港近辺に行った時のもの。
繁栄していた蒲生の住宅街は、なにもなくなっていました。
この車両は、仙台港に倉庫として置かれていたもの、流されて閖上の田んぼに無残にもありました。

5年がたち、気持ちの整理もついたからと、東日本大震災について、複数回にわたって書かせていただきます。

私は、宮城県仙台市の出身です。
大学卒業まで地元にいて、就職で上京組(笑) もう関東に居るほうが長くなってしまったかな。

yuri06.jpg


小中学生のころは、自転車で仙台港や蒲生、閖上などに友達と釣りに行ったりしてました。
中学生のときに「宮城県沖地震」に遭遇、市内はいたるところで建物が壊れたりブロック塀が倒れたりしてましたし、知り合いの酒屋などは、瓶が全部割れて凄い状態。

img99dd1b95zik5zj.jpg

カメラ好きでもあった私は、その日に停電で真っ暗になった市内を自転車で走り、歩道橋の上から写真を撮ったりした記憶が、35年以上たったいまでも消えることはありません。

1978miyagi01.jpg


地震からの復興、当時はいまのように法律も整っているわけどもなかったですが、たぶん皆必死だったんでしょう。
2年後の高校に入るころには、ほとんど傷痕は無くなっていました。ただ人間の心の中だけは今の私のように記憶として残っていますが。

関東に居る時に1度だけ宮城県で大地震が発生、2003年の宮城県沖地震です。
このときは県北部を中心に道路が寸断されたりしましたが、幸いにも人命を失うことはなかったです。
[スポンサーリンク]

関東まで被害が来るほどの大地震。2011.3.11発生!

2011年3月11日の金曜日。私は仕事は休みで午前中にジムに行き、昼はお決まりのラーメン。
忘れもしない「二代目丸源」で辛キャベトンのチャーハンセットを食べて帰宅。

640x640_rect_46269524.jpg

P013203776_480.jpg

妻もその日は仕事が休みで、私が帰るころには家にいました。
パソコン点けてから、メールチェックでもしようとしていたのかな?



なんか地響きのような音が「ゴゴゴゴゴ」となり、なんかラジオが「緊急地震警報」鳴ってるし、ケータイでも…

午後2時46分に「グラグラクラゴゴゴゴー!
度肝抜かれるというのは、こういう状態です。

仕事場の4台のパソコンのモニター倒れ、必死に本体だけは守ってました。
机の上からは、本がドカドカドカと落ちてくるけれど、「パソコンだけは守らないと、おまんま食えなくなる」とね、もう必死。

1回の妻は、これまた必死に買ったばかりのテレビを抑えてたらしい。
幸いにもキッチンの食器棚は横揺れだったのと、上に地震のための突っ張り棒を付けていたから。



でも家全体が「ぐっちゃぐちや」になっていたのは確か。
そしてテレビわ見ると「ええええ?」震源地が宮城じゃん。そして津波が押し寄せている画像が流れています。

無題


車が水に飲み込まれていたり、家が破壊したり、流されている家から火の手が上がったり。地獄絵のような光景がテレビから生で流れてました。

「まず何をすべきか?」考え、こんな大きな地震なら、流通が止まるのは確か。
妻は学校と連絡網でチェックしている中、私は買い出しです。早い段階で、水を中心に冷食できるものを買い求めて生協に行ったり他のスーパーに行ったり。

TKY201103140125.jpg


あとはガソリン、2台の車のガソリンを満タンにすべく回りましたが、停電でダメなところや並びすぎて無理なところもあった。
断水前に、風呂に水を貯めたり、蝋燭を買い占めたり(笑)その日のうちに行動することはすべてやった感じかな?
そうこうしているうちに夜が来てしまったのです。

27004.jpg




ごめんなさい、書いていて涙が止まらなくなってきたので、うん。残りはあす以降に、ごめんなさい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。