2009年7月-北の大地へ3

スポンサーリンク

2009年の夏に引き続き、車で家族4人が仙台埠頭から苫小牧までフェリーで渡り、私の実家に行きました。

029.jpg今日は「北の大地」として見逃せないポイント、美瑛の丘と富良野をめぐりましょう。

今日も母親を同伴して5人での旅、人見知りの次女も慣れて、いつもながらの大騒ぎ(笑)

旭川市から美瑛までは、空港わきの国道を行くのが定番なのですが、観光客で混みます(って私ら家族も観光客だろう)。

030.jpgなので裏道からサクッと美瑛の丘に行ける道路を使います。

地元の方は知っている道路で、長年にわたり帰郷して覚えました。

私は北海道に住んだことがないのです、母親の故郷で父の定年を機に移住したので。

021.jpg美瑛の丘で有名な「なんとかの木」や「なんちゃらの木」、家族は調べていたようですが、私にとっては慣れている光景だったので写真撮りは家族に任せます。

嫁さんが売店で茹でたトウモロコシを買ってきた。

私の分もありがとう、と食べていると「生のまま送ってもらえるらしいから頼もうか?」というので、嫁さんはその農家にマジで入って行って発注してきたよ。すごい行動力です。

src_30167848.jpg 079898cc.jpg


なんでも嫁さんの実家にも、この美味しさを食べさせてあげたいそうです。
さすが気配りの長女!

美瑛の丘をのんびり楽しくみたら、次は富良野を目指しましょうか。

023.jpg富良野は、まずは「北の国から」のロケで使われた「五郎石の家」をみましょう。

富良野には「北の国から」で使われたロケ地や、実際に使われた建物などが現在も残されています。

ただ、全部を見るには1日くらいかかるし、私以外「北の国から」はどうでもよい世代(母親も嫁さんも)なので、1点集中にしました。

022.jpg 025.jpg


次に向かったのはラベンダーが咲き誇る「フアーム富田」です。ファーム富田の法が、家族は大喜びでした。

ラベンダーソフトクリームや、ポプリや、買い物もたくさんしましたよ。

母親も、久々に孫に会えたということで大ハッスルでした。

026.jpg 024.jpg


そして帰路へと

翌朝になり、朝食をゆったりと食べてから、母と嫁さんを連れて買い物へ。

ピザの用意らしい。今では我が家の手作りのピザ、もともとは母親から嫁さんが教わったものです。

生地を作り発酵させて伸ばす、この作業を母親と嫁さんがやっているのを見ると嬉しいものです。
ガスオーブンで焼いたピザやスパゲッティは、しっかりとクーリングして腐らないように梱包とは、母親すごすぎ。

20160303042643f9d.jpg 640x640_rect_18130127.jpg


昼飯前に準備が整い、最後のランチはラーメン。前回と同じ「梅光軒」のラーメンが、出前でも食べられる嬉しさ。

そして食べ終わり、父母ともお別れです。

この日のフェリーに乗るために、苫小牧を目指しました。また4年後に来たいと思います!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。