埼玉にある地下50mにある、神殿のような「調圧水槽」と地下河川!

夏休みの宿題で、施設見学のレポートなどはどうでしょう?

埼玉県春日部市から千葉県野田市に向かって国道16号を車で走っていると、ところどころにコンクリート性の円柱があることに気付きます。

0000020_0000001.jpg


これが地下を流れる人工河川「首都圏外郭放水路(愛称・彩龍の川)」の縦坑です。

befa7471-7d29-46e4-8fd3-f3e60f104e4d.jpg

首都圏外郭放水路は、あふれそうになった中小河川の水を地下に取り込み、地下50メートルを貫く総延長6.3キロメートルのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路なのです。

outlinemap.jpg

そのスケールはというと、水を取り込む直径30メートル、深さ70メートルにおよぶ5本の巨大立坑をはじめ、地中深く6.3キロメートルにわたって走る直径10メートルの地底トンネル、重量500トンの柱が59本もそびえるマンモス水槽、そして、毎秒200立方メートルの水を排水する14000馬力タービンなど、実際に見てみるとその大きさ圧倒されます。。

0000020_0000002.jpg
続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。